矯正を行なうなら矯正歯科へ【整列したキレイな美歯】

口の中にの掃除

こまめに虫歯予防をしよう

歯医者に行く理由はたくさんあると思います。例えば歯が痛かったり、歯茎が腫れていて痛い等という時ではないでしょうか。なぜその状態になってしまうかというと、磨き残しがあるからです。歯についている磨き残しは歯石ができたり、虫歯ができてしまう原因になります。 歯医者にいくと歯の磨き方の指導を受けることはありませんか。歯は人によって、形、大きさが違います。そのために、磨き方が変わってきます。歯医者に行くときは必ず自分に合った歯の磨き方を聞くようにしましょう。歯ブラシを縦にするところ、横にするところ、斜めにするところ等たくさんあります。また、重要なことは歯茎と歯の間をしっかり磨くことです。しかし、強く磨きすぎると歯茎を傷つけてしまいます。力の入れ加減にも気を付けましょう。

歯医者にて誉められるこつ

歯医者では、虫歯や歯石の具合等を見て治療することがほとんどです。しかし、虫歯や歯石を見る前に必ず口の中の掃除をしてくれると思います。なぜ掃除をするのかというと、磨き残しがあるからです。そこで、磨き残しを減らすように毎日歯を磨くことが大事です。しっかりと歯磨きをしていれば、歯医者にかかることは少なくなります。 まず、歯ブラシをいろいろな方向に向けながら歯を磨くことです。歯ブラシの向きが横だけ、縦だけだと必ず磨き残しがでます。 次に必要なのは糸ようじです。市販のものでかまいませんので、数日に1回は糸ようじをおこなうようにしましょう。歯によっては、重なっている部分があると思います。重なっている部分には歯ブラシは入りません。そのため、汚れが溜まりやすくなります。 こまめに口の中の掃除をおこなうことで、歯医者への通院も少なくなります。意識しながら歯を磨くようにしましょう。